« 授業研究を通じた看護教員の成長 | Main | 教職大学院の学校実習の指導をフィールドで »

2015.11.23

「学校教育と教育支援」についての原稿を執筆

 本日は,1日中(といっても,お昼間に2時間ほどテニスをやったが),「学校教育と教育支援」に関する原稿の執筆にいそしんだ。これは,いわゆるHATOプロジェクトの一環として企画・運営されている,「教育支援人材」の養成や活用に関する研究プロジェクトをまとめる作業の1つである。HATOプロジェクトとは,北海道教育大学・愛知教育大学・東京学芸大学・大阪教育大学の4つの教育大学が連携して実践的な研究に取り組むプロジェクトであり,いくつかの部門があるが,私は,東京学芸大学が主催する「教育支援人材」に関するプロジェクトのメンバーになっている。
 執筆した原稿では,「チームとしての学校」が台頭してきた背景,教育支援人材の類型,教育支援人材活用に関するリーダーシップや専門性等を論じた。また,その事例を紹介した。
 さらに,プロジェクトがらみで,別の原稿の執筆も。こちらは,大阪教育大学第二部の学校インターンシップに関するものだ。そのねらいや流れ,成果と課題について述べた。
 24時間で2つの原稿を仕上げた(他の細かい仕事もこなしながら)。我ながら,よくがんばった。

|

« 授業研究を通じた看護教員の成長 | Main | 教職大学院の学校実習の指導をフィールドで »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 授業研究を通じた看護教員の成長 | Main | 教職大学院の学校実習の指導をフィールドで »