« 全校体制で国語の授業改善に臨む | Main | まちづくり・職業観育成体験学習事業「おおさか☆みらいシティ」 »

2015.12.05

「大阪の教員のための教職大学院のシステム設計 -『学び続ける教員』への成長を促し,支えるために―」というタイトルで発表

 土曜日,東京は神田神保町にある学術総合センターにやって来た。ここで,本日,明日と,日本教職大学院協会実践研究成果公開フォーラムが開催されるからだ。私たち大阪教育大学大学院連合教職実践研究科のスタッフも,5名が参加した。そして,私を含む3人が「大阪の教員のための教職大学院のシステム設計 -『学び続ける教員』への成長を促し,支えるために―」というタイトルで,我が教職大学院の組織やカリキュラム,指導法等に関して,その工夫を報告した。発表後,いろいろな方々と交流することができた。我が教職大学院の特長が,研究者教員と実務家教員のコラボレーション,学校課題等の解決という現職教員の院生の学校実習のフレームワーク等にあることを,再確認した。

|

« 全校体制で国語の授業改善に臨む | Main | まちづくり・職業観育成体験学習事業「おおさか☆みらいシティ」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 全校体制で国語の授業改善に臨む | Main | まちづくり・職業観育成体験学習事業「おおさか☆みらいシティ」 »