« 『教師と学校のレジリエンス: 子どもの学びを支えるチーム力』(北大路書房) | Main | 大阪ICT活用フォーラムを終えて »

2015.12.22

学力向上のための二重,三重の教育的リーダーシップ

 今日も,尼崎市役所を訪れ,同市の学力向上推進委員会に出席した。本年度2回目である。いくつかの学力・学習状況調査の結果を共通理解したり,今年度の学力向上施策の進捗状況を確認したりした。
 尼崎市の各学校は,学力向上のために何をすべきかをプランに表し,それを羅針盤にして,学力向上担当者や学校長のリーダーシップの下,そのための取り組みを重ねる。そして,その過程を教育委員会スタッフがモニタリングしたり,サポートしたりする。学力向上のプランは,その策定がゴールではない。それを実行させること,それを発展させることが大切である。そのためには,二重,三重の教育的リーダーシップが必要とされよう。

|

« 『教師と学校のレジリエンス: 子どもの学びを支えるチーム力』(北大路書房) | Main | 大阪ICT活用フォーラムを終えて »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 『教師と学校のレジリエンス: 子どもの学びを支えるチーム力』(北大路書房) | Main | 大阪ICT活用フォーラムを終えて »