« 「教育の情報化」実践セミナー2015 in 大阪 | Main | 学校実習のリフレクションミーティングを深夜に »

2015.12.16

所員がそれぞれ教育実践研究に従事する(京都府総合教育センター)

 京都府総合教育センターを訪問するため,伏見を訪れた。今回は,所員研究会の講師として招聘された。同センターの所員は,研修講座の企画・運営,教育相談,地域支援等の他に,各自で教育実践研究を計画し,実施し,知見をまとめていく。その中間報告の機会に,私は,「教育研究の進め方」と題して講義をすることとなった。教育研究の意義,タイプ,その目的設定や計画策定の重要性についてまず概観した。次いで,教育実践研究の方法論を論じた。例えば,その目的設定や計画策定の要件を整理するとともに,その好事例を,自分が指導している大学院生(現職教員)の取り組み(修士論文作成や学校実習)の中から紹介した。
 また,いくつかの所員の中間報告を拝聴し,それを対する批評を述べたり,所員からの教育実践研究推進上の悩みに対して,その解決策を語ったりした。
 京都府総合教育センターの所員たちは,学び続ける指導主事であり,学び続ける教師たちに関わるに相応しい活動を繰り広げている。

|

« 「教育の情報化」実践セミナー2015 in 大阪 | Main | 学校実習のリフレクションミーティングを深夜に »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 「教育の情報化」実践セミナー2015 in 大阪 | Main | 学校実習のリフレクションミーティングを深夜に »