« 今日は,もろもろの使命を果たした日 | Main | 教職大学院の講義「校内研修のコンサルテーション」も終盤を迎えた »

2015.12.09

今日も、教職大学院の講義で、研究授業を同僚に公開

 またまた,大阪教育大学大学院連合教職実践研究科のFD活動として,授業研究会を催した。今日も,私と実務家教員のペアが研究授業を実施し,同僚に批評してもらった。対象科目は,修士1年生用の選択必修科目「学校を基盤とするカリキュラム開発」である。その第10回目「研究開発学校の事例分析3(高等学校)」を10名弱の教員に見学してもらい,講義終了後,カンファレンスにて意見を交換した。今回は,実務家教員のイニシアチブの下,私はT2の役割に徹した。いろいろアクションを起こしたい気持ちはあったが,スーパーサイエンスハイスクールにおいてカリキュラムマネジメントに取り組んだ実践家を招聘していたので,よい意味で出過ぎないように留意した。
 カンファレンスでは,大学院の講義における外部人材活用のあり方,その際の研究者教員と実務家教員の連携のあり方,教職大学院の院生の多様性へのいっそうの配慮などについて建設的な意見を頂戴できた。
 協議を踏まえて,次週の講義の内容をかなり変更することにした。準備が大変であるが,それでも,こうした対応こそ,協議する意義だと思うから,実務家教員とそう決めた。

|

« 今日は,もろもろの使命を果たした日 | Main | 教職大学院の講義「校内研修のコンサルテーション」も終盤を迎えた »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 今日は,もろもろの使命を果たした日 | Main | 教職大学院の講義「校内研修のコンサルテーション」も終盤を迎えた »