« 看護教育に詳しくなる | Main | 論文「学校における実践研究の発展要因の構造に関するモデルの開発-『専門的な学習共同体』の発展に関する知見を参照して-」 »

2016.01.04

修論提出まで,あと11日

 4日から大学で修論指導である。それぞれの院生に90分以上かけて,修論草稿の修正すべき点を確認していった。修論提出まで,あと11日。その時間でやるべき,やれる修正を院生に指示していった。
 彼らが2年間,あるいは(M0期間のある院生には)3年間の長い期間がんばってきたことが形になるかどうか,それが整ったものになるかは,この10日間ほどにかかっている。最後まで粘り強く取り組んでもらいたい。私も,20数年前に同じような苦境に遭遇し,あきらめずになんとかがんばった(提出できるかどうか,不安でいっぱいだった)。
 

|

« 看護教育に詳しくなる | Main | 論文「学校における実践研究の発展要因の構造に関するモデルの開発-『専門的な学習共同体』の発展に関する知見を参照して-」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 看護教育に詳しくなる | Main | 論文「学校における実践研究の発展要因の構造に関するモデルの開発-『専門的な学習共同体』の発展に関する知見を参照して-」 »