« 修士論文の公開審査に向けて | Main | 教職大学院の学校実習,校内研修,行政研修のコラボレーション »

2016.01.27

30回のティームティーチング講義が終わった

本日,教職大学院の講義である、学校を基盤とするカリキュラム開発の第15回目が終わった。15回すべて,実務家教員の方とのティームティーチングで講義を運用した。前期の「教育課程編成の今日的課題」の15回分もそうだった。30回のティームティーチング講義が終わった。
 これまで25年近く,大学教員として,講義を担当してきた。ごくまれに,ゲストティーチャーとして学校現場の実践家を招聘することはあっても,講義のデザインから評価までを誰かと共同的に進める経験はなかった。今年度,教職大学院の講義を実務家教員と協力して行うことになり,自分の講義のデザインや運用等を見直す,よい契機となった。

|

« 修士論文の公開審査に向けて | Main | 教職大学院の学校実習,校内研修,行政研修のコラボレーション »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 修士論文の公開審査に向けて | Main | 教職大学院の学校実習,校内研修,行政研修のコラボレーション »