« 教職大学院の講義「校内研修のコンサルテーション」で院生たちがプレゼンテーション | Main | 生活・総合的学習教育学会大阪支部がセミナーを開催 »

2016.01.22

単元を貫く言語活動の好事例(阪神地区小学校国語教育研究会)

P1130283P1130274 平成28年1月22日,尼崎市立立花西小学校を会場にして,阪神地区の小学校国語教育研究大会が催された。10クラスで授業(そのうち7つは,他市の教員による授業)が公開されたが,いずれも,子どもたちが,見通しをっもって,形成的に自らの学習を評価して,また仲閒と共同的に,単元を貫く言語活動に従事していた。換言すれば,子どもたちは,言葉を巧みに操っていたし,また言葉の世界に浸っていた。たくさんの「単元を貫く言語活動」の好事例を見学できた。

|

« 教職大学院の講義「校内研修のコンサルテーション」で院生たちがプレゼンテーション | Main | 生活・総合的学習教育学会大阪支部がセミナーを開催 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 教職大学院の講義「校内研修のコンサルテーション」で院生たちがプレゼンテーション | Main | 生活・総合的学習教育学会大阪支部がセミナーを開催 »