« この時期の授業研究会で校内研修の過去・現在・未来をつなぐ | Main | 30回のティームティーチング講義が終わった »

2016.01.26

修士論文の公開審査に向けて

1601261 本日19:30~22:20に,大阪教育大学大学院実践学校教育専攻の修士論文公開審査会に向けた練習会を催した。審査会では,大学院生は,自身の研究を10分で語り,その後20分の質疑応答に臨むことになる。たくさんの質問や意見に応じなければならない。本日,どのような質問が出そうなのか,それに対していかに答えるべきかについて,院生たちと私で意見交換した。もちろん,10分間のプレゼンテーションの構成,ハンドアウトの内容や表現も詰めた。
 公開審査まで,あと1週間。院生たちは,修論を提出しても,ほっとすることはできない。私も,二十数年前に,そうした時期を迎えた。私の場合,修論の審査は博士課程の入学試験を兼ねていた(博士前期課程・後期課程からなる5年制の研究科だったので)。けっこう厳しい意見を呈されたと思うが,なんとか耐えた。院生たちも,30分間,がんばってもらいたい。

|

« この時期の授業研究会で校内研修の過去・現在・未来をつなぐ | Main | 30回のティームティーチング講義が終わった »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« この時期の授業研究会で校内研修の過去・現在・未来をつなぐ | Main | 30回のティームティーチング講義が終わった »