« 平成27年度第2回守口市ICT教育フォーラム | Main | NHK学校放送番組をさらりと活用 »

2016.02.24

「教育支援人材育成プロジェクト」のコンテンツ作成のため上京

 昨日東京から帰阪したのだが,本日,再度上京した。もろもろの仕事をこなした。そのうちの1つは,映像収録である。教員養成大学等で「チーム学校」に関する講義を実施する際に利用できるコンテンツ作成のために,東京学芸大学のスタッフと対談し,その様子を撮影してもらった。これは,HATOプロジェクトの「教育支援人材育成プロジェクト」の成果物の1つである。その内容は,以下のようなものである。

1)「学校教育と教育支援」
・「チーム学校」とはなにか,それはなぜ必要なのか
・「チーム学校」や地域との連携・協働の推進という施策を学校現場や教育行政はどう受け止めているか。
・「教育支援人材」の資質と力量
・教育のネットワーク化を進めるための教育行政のポイント
・今後の課題
2)「チームアプローチとは何か」
・これからの学校教育と「チームアプローチ」の可能性
・学校における「チーム」とは何か
・「チームメンバー」としての資質と力量
・「チームアプローチ」と「ソロアプローチ」では何が違うのか
・チームアプローチ力の養成と今後の課題

 昔,NHKの教育番組に出演したことがあるが,その時の経験が,今日,功を奏した。カメラ目線,話を始める(終わる)タイミング,ややオーバー気味の表情やアクションで(後から画面で見ると)ちょうどよいこと等々だ。あの時,ディレクターやデスクの方々に鍛えられたため,(私のコメント部分は)撮り直しなしで,収録できた。

|

« 平成27年度第2回守口市ICT教育フォーラム | Main | NHK学校放送番組をさらりと活用 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 平成27年度第2回守口市ICT教育フォーラム | Main | NHK学校放送番組をさらりと活用 »