« 異動は,学び続ける教員にとって,その促進要因となりうる | Main | 名古屋大学を初めて訪問 »

2016.03.29

日本教育工学協会(JAET)の新体制

 本日,溜池山王で,日本教育工学協会(JAET)の常任理事会が催された。平成27年度の事業報告や決算,平成28年度の事業計画や予算等の審議に加えて,野中新会長の下の役員体制についても,評議会にかける原案に関して,意見交換がなされた。さらに,10月に佐賀で開催される全国大会のプログラムや組織体制等についても,話し合いを重ねた。
 本日が,堀田会長体制のもとでの最後の常任理事会であった。誰もがその労をねぎらう,すばらしいリーダーシップを堀田会長は発揮し,JAETの活動を充実させた。堀田会長,お疲れ様でした。そして,それを継承・発展させるべく,野中先生も既に,会長として,確かな判断やていねいな対応,すばやいアクションを示している。これもまた,見事である。

|

« 異動は,学び続ける教員にとって,その促進要因となりうる | Main | 名古屋大学を初めて訪問 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 異動は,学び続ける教員にとって,その促進要因となりうる | Main | 名古屋大学を初めて訪問 »