« トゥルクでは,確かに一斉指導が多い(フィンランド訪問第5日目) | Main | 日本・英国・フィンランドの教育を比較して »

2016.03.12

ロンドンのMaryland Primary Schoolを再度訪問

 本日,ロンドン東部のNewham区のMaryland Primary Schoolを再度訪問し,たくさんの授業を見学させてもらった。滞在は,8:30から16:00過ぎに及んだ。学校長や副学校長,彼女たちを含むシニアリーダーシップチームのメンバーと長い時間話もした。
 1年間で,学校がとても発展していた。例えば,この学校は,無学年制で,Literacyの授業を展開している。それは,30弱の段階に分けられており,スタッフが総動員で指導にあたっている。その様子は,昨年度も見せてもらったが,今年度は,その一部に電子黒板が位置付き,指導者の説明等がいっそう巧みになっていた。
 さらに,スウェーデンの学校のe-publishingの取り組みに学んだり,私が昨年度紹介したLesson studyの機会を増やしていたりと,とにかく学校が動いている。学校長は,チャレンジの重要性と繰り返し説いていた。また,そのためのアイディアを貪欲に求めていた。学校改革を推進する英国のすぐれた学校の好事例である。この先,どのように発展するのか,その様子を再々度訪問してみたいと思った。

|

« トゥルクでは,確かに一斉指導が多い(フィンランド訪問第5日目) | Main | 日本・英国・フィンランドの教育を比較して »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« トゥルクでは,確かに一斉指導が多い(フィンランド訪問第5日目) | Main | 日本・英国・フィンランドの教育を比較して »