« 『教育工学的なアプローチによる教師教育』(ミネルヴァ書房 教育工学選書Ⅱ 10) | Main | 教職大学院におけるティーム・ティーチングに関するプロジェクトのまとめ »

2016.03.15

次年度の学会発表について計画

 あと数週間で,平成28年度が始まる。新しい年度においても,学会発表を予定している。今のところ,国内では,日本カリキュラム学会,日本教師教育学会,そして日本教育工学会である。本日,高知大学の島田先生と,7月に催される日本カリキュラム学会の年次大会での発表予定について相談した。7月や9月に催される学会の年次大会ではあるが,申し込み,要旨や論文の投稿等の時期はそれよりも早い。そららを考えると,前年度末には,発表までのステップや役割分担等を決めておく必要がある。国際学会発表の場合は,さらに明確な見通しと早い対応が求められる。

|

« 『教育工学的なアプローチによる教師教育』(ミネルヴァ書房 教育工学選書Ⅱ 10) | Main | 教職大学院におけるティーム・ティーチングに関するプロジェクトのまとめ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 『教育工学的なアプローチによる教師教育』(ミネルヴァ書房 教育工学選書Ⅱ 10) | Main | 教職大学院におけるティーム・ティーチングに関するプロジェクトのまとめ »