« 日本・英国・フィンランドの教育を比較して | Main | 『教育工学的なアプローチによる教師教育』(ミネルヴァ書房 教育工学選書Ⅱ 10) »

2016.03.13

鍵を握るのは,多様性とチャレンジ,そして学校長の学び

P1140883P1140993 ロンドン東部のNewham区のMaryland Primary Schoolを再度訪問し,授業見学を経て,学校長や副学校長と教育談義を重ねていると,英国や日本の学校における授業の成立や充実には,「多様性とチャレンジ」が欠かせないという点でも,意見が一致した。前者は,過去から現在までの授業づくりの原理とも言えるが,子どもや家庭,社会のの多様性が増す中,その重要性がさらに高まっている。そして後者は,多様性を保障するための指導者の学びの重要性である。それは,学校長をはじめとするリーダーシップチームにもあてはまる。Maryland Primary Schoolの学校改革の維持・発展は,学校長の学びの充実,例えば私から日本の教育の潮流や好事例を貪欲に吸収しようとするアクションに端を発している。

|

« 日本・英国・フィンランドの教育を比較して | Main | 『教育工学的なアプローチによる教師教育』(ミネルヴァ書房 教育工学選書Ⅱ 10) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 日本・英国・フィンランドの教育を比較して | Main | 『教育工学的なアプローチによる教師教育』(ミネルヴァ書房 教育工学選書Ⅱ 10) »