« 退職のご挨拶を拝聴して | Main | 教師教育のハンドブックの改訂版の評価結果を共有 »

2016.03.18

すぐれたカリキュラム開発の実践(日野市立平山小学校)

 4年ぶりに,日野市立平山小学校を訪問した。同校は,ここ数年,文部科学省の研究開発学校として,「生きぬく科」を基軸とする,防災等の教育に関するカリキュラム開発に取り組んできた。一ヶ月ほど前にその中間成果を発信する研究発表会を開催している。残念ながら,私は,参加できなかったが,先日,その際に配布された資料を目にした。非常にすぐれたカリキュラム開発の実践の過程と成果が記されていた。目標・内容・活動が体系的に示されたり,カリキュラム評価のためのデータが組織的に収集・分析されていたりと,研究開発学校がなすべき営みが適切にまとめられていた。しかも,それが円環的に発展していた。数々の研究開発学校にふれてきた私には,同校のカリキュラム開発がいかに充実したものであるかがよく分かる。
 その取り組みの詳細,とりわけカリキュラム・リーダーシップを知りたくなり,平山小学校に赴き,学校長にお話を聞かせていただいた。資料の行間を埋める情報やエピソードを手にできた。また,同校のカリキュラム開発の展開可能性について理解できた。お忙しいのにたくさんのお時間をくださった五十嵐学校長,ありがとうございました。

|

« 退職のご挨拶を拝聴して | Main | 教師教育のハンドブックの改訂版の評価結果を共有 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 退職のご挨拶を拝聴して | Main | 教師教育のハンドブックの改訂版の評価結果を共有 »