« 富山から大阪まで帰るのに9時間以上かかって | Main | 教職大学院の2学年分の学校実習が始まる »

2016.04.18

子どもたちに必要な学びをすぐに導入する(大阪市立堀江小学校)

P1000032P1000042 自分の研究の一環で,大阪市立堀江小学校を訪問した(大阪市立大学の島田先生とともに)。学校長に対してインタビューを実施させていただいたが,その前に,いくつかのクラスの授業を見学させていただいた。第6学年のあるクラスで,教師と子どもたちが,熊本等の地震のことについて情報の収集,整理分析,表現を展開していた。インターネットのコンテンツにアクセスしたり,新聞を比較検討して,彼の地の災害の現状,その要因等を彼らなりにまとめていた。この学校では,第4学年の総合的な学習で防災教育が実施されるが,それを始める4年生の後輩に,その学びの必要性やポイントを先輩として伝えるために,そうした活動に従事しているのだと聞いた。
 子どもたちに必要な学びをすぐに導入できる,授業づくりに関する柔軟な姿勢を学級担任が有しているからこそ生まれる,授業であった。

|

« 富山から大阪まで帰るのに9時間以上かかって | Main | 教職大学院の2学年分の学校実習が始まる »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 富山から大阪まで帰るのに9時間以上かかって | Main | 教職大学院の2学年分の学校実習が始まる »