« 授業研究におけるチャレンジを尊ぶ(亀山市立神辺小学校) | Main | カリキュラム開発に関する学校長の学び »

2016.05.17

今年度の学会発表の予定

 今年も,学会発表が多い。スタートは,7月の日本カリキュラム学会における発表である。その後,8月の日本看護学教育学会の発表(これは連名だけのはずだが,ある事態が起きると--),9月の日本教師教育学会,日本教育工学会と続く。さらに,先日,WALS(世界授業研究学会)2016の発表もOKの通知が届いたので,9月には英国に赴く。
 科研費による研究の知見を公開するためには,教育工学の分野のものだから,(年次大会だけでなく)日本教育工学会の研究会でも発表した方がよいかもしれない。ふー。
 (当然であるが)そのすべてが違う内容である。我ながら,研究のレパートリーが豊富である。

|

« 授業研究におけるチャレンジを尊ぶ(亀山市立神辺小学校) | Main | カリキュラム開発に関する学校長の学び »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 授業研究におけるチャレンジを尊ぶ(亀山市立神辺小学校) | Main | カリキュラム開発に関する学校長の学び »