« ミニ講演「実践研究を充実させるために学校で何をすべきか」(パナソニック教育財団の実践研究助成の贈呈式にて) | Main | 教職大学院の異学年交流 »

2016.05.14

高等学校のアクティブ・ラーニングに関する校内研修に協力

P1000175 大阪教育大学の社会貢献の1つに,府立高校教職コンソーシアムとの連携がある。その活動の一環として,同僚の恩知先生と,大阪府立池田高等学校の校内研修に協力させていただいた。同校の教員はアクティブ・ラーニングによる授業改善を図っており,その基本的な考え方と具体的な取り組み例について,二人でリレー講義をおこなった。その前には,同校の教員の授業を2つ見学させていただき,それを講義でも参照させていただいた。
 私にとっては,「アクティブ・ラーニング」は,学習者が,1)身体的,2)知的,3)社会的に能動性を発揮して学ぶ営みを指す。それを具体例をひもときながら,語らせていただいた。

|

« ミニ講演「実践研究を充実させるために学校で何をすべきか」(パナソニック教育財団の実践研究助成の贈呈式にて) | Main | 教職大学院の異学年交流 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ミニ講演「実践研究を充実させるために学校で何をすべきか」(パナソニック教育財団の実践研究助成の贈呈式にて) | Main | 教職大学院の異学年交流 »