« カリキュラム研究会でカリキュラム開発のアウトソーシングについて発表 | Main | 10年の経験を持続的に発展させるために »

2016.05.29

パナソニック教育財団の実践研究助成の成果報告書評価プロジェクト

 本日,パナソニック教育財団の事務局を訪問し,そこで,平成27年度実践研究助成を受けた学校等が提出した,成果報告書の内容等を評価する会議を催した。この成果報告書評価プロジェクトは,私を含む6名の専門委員が,各学校による成果報告書のうち,他校にぜひ参照してもらいたいものをピックアップし,その特長を批評するものだ。メンバーが報告書を観点別に,また総合的に評価し,最優秀賞,優秀賞,佳作の学校等を決めた。後日,それらは,講評とともに,冊子化され,当該学校はもちろん,その学校を管理している教育委員会,翌年度の助成校等にも配布される予定である。
 プロジェクトメンバーの今日までの精力的な活動,そして,本日の合理的な判断によって,よい協議ができた。プロジェクトのリーダーとして,ほっとした。皆さん,ありがとうございました。

|

« カリキュラム研究会でカリキュラム開発のアウトソーシングについて発表 | Main | 10年の経験を持続的に発展させるために »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« カリキュラム研究会でカリキュラム開発のアウトソーシングについて発表 | Main | 10年の経験を持続的に発展させるために »