« 島根県の新任研究主任の熱意 | Main | カリキュラム開発における学校長の学びについて吟味 »

2016.06.04

教職大学院の学校実習のコース別リフレクションミーティング

P1030724P1030734 教職大学院のカリキュラムにおいては,学校実習の単位が10単位を占める。大阪教育大学大学院連合教職実践研究科では,現職教員(学校マネジメントコース,教育実践コーディネートコース)も学修テーマに応じた実務を遂行する形で,実習に従事する。彼らは,学校等の組織が抱える課題の解決に資するアクションを構想し,実行し,評価し,改善する。その最初のパートである「基本学校実習Ⅰ」も中間段階を迎えた。また,2年次の最初に取り組む「発展課題実習Ⅰ」も山場を迎えつつある。
 本日は,教育実践コーディネートコースの関係者(1年次生,2年次生,担当教員)が集い,2~3の部屋に別れて,個々の院生の実習の進捗状況を確認した。それぞれ,自らのここまでの取り組みを省察し,その過程や中間的な成果と課題を自分の言葉で表現してくれた。よくがんばりました。お疲れ様。

|

« 島根県の新任研究主任の熱意 | Main | カリキュラム開発における学校長の学びについて吟味 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 島根県の新任研究主任の熱意 | Main | カリキュラム開発における学校長の学びについて吟味 »