« みんなが気持ちを一つにして授業改善に取り組む学校(尼崎市立立花西小学校) | Main | 実践研究の伝統(滋賀大学教育学部附属中学校) »

2016.07.06

新教科「未来そうぞう」の初めての研究授業(大阪教育大学附属平野小学校)

 大阪教育大学附属平野小学校は,今年度から4年間,文部科学省指定の研究開発学校として,新教科「未来そうぞう」を核とする教育課程を計画し,実施し,評価する。この教科は,今のところ,1)自分自身,2)仲間や人間関係,3)社会や環境を内容構成の柱とする,また,それを通じて,主体的実践力,協働的実践力,創造的実践力を育む,6年間のカリキュラムとして構想されている。
 本日の研究授業では,第6学年の子どもたちが,人生の先輩がライフストーリーを語るコンテンツにふれ,そのエッセンスを自身のそれに取り入れる術について考察していた。同校の教師たちは,これから実践を重ねて,当該教科の年間計画を熟し,平成29年2月10日・11日の研究発表会にて,それを公開する。私も,研究開発学校運営指導委員の一人として,教師たちの取り組みを支援したり,第三者評価したりする。

|

« みんなが気持ちを一つにして授業改善に取り組む学校(尼崎市立立花西小学校) | Main | 実践研究の伝統(滋賀大学教育学部附属中学校) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« みんなが気持ちを一つにして授業改善に取り組む学校(尼崎市立立花西小学校) | Main | 実践研究の伝統(滋賀大学教育学部附属中学校) »