« 成長志向の教師たちの小学校 | Main | 日本カリキュラム学会第27回大会における研究発表を終えた(於:香川大学) »

2016.07.02

研究集団たる教師たちの実践にふれて(香川大学教育学部附属高松小学校)

P10103762P1010426_2 第27回日本カリキュラム学会の公開授業・シンポジウムのために,香川大学教育学部附属高松小学校を訪問した。3つの授業を見学したり,そのカリキュラム開発の経緯を聞いたりした。この学校は,いわゆる研究開発学校として様々なカリキュラム開発に取り組んできた。研究集団たる教師たちの営みには,圧倒される。例えば,学習環境のデザイン,支援の方策の多様性,研究の語り口の巧みさなどである。実は,四半世紀前に,この学校を訪問し,研究主任の方々にインタビューをさせていただいたことがある。その時にも,その実践研究の卓越性に感心させられたものだが,同校では,それが継承され,発展している。それもまた,すごいことである。

|

« 成長志向の教師たちの小学校 | Main | 日本カリキュラム学会第27回大会における研究発表を終えた(於:香川大学) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 成長志向の教師たちの小学校 | Main | 日本カリキュラム学会第27回大会における研究発表を終えた(於:香川大学) »