« ダルハン県の第一学校で授業研究会を実施 | Main | 情報通信技術を活用した教育振興事業「情報教育推進校(IE-School)」調査研究 »

2016.09.23

ウランバートルの学校では教師同士の授業観察が盛んである

P10203821P1020383P1020486 本日は,ウランバートルの2つの学校を巡った。午前中は,第45学校,午後は第105学校である。前者は,市内の中心部に,後者はゲル地区にある学校だ。いずれの学校でも,モンゴル語の授業を見学させていただいた。例えば,第45学校の授業は,第2学年と第3学年のものであったが,合科的な要素が盛り込まれている,ペアやグループワークが導入されている,教師がきちんと評価記録を残している等々,よく工夫された授業であった。
 そして何より感心させられたのは,教師同士の授業観察が盛んであることだ。どちらの学校でも,教科や学年のチームで互いの授業を観察し,記録し,コメントを残していた。それを月1~2回は実施するという。最も驚かされたことは,観察の一環として,見学している教師が,授業後,数名の子どもを呼び出し,授業の感想をたずねたり,ちょっとしたテストを実施したりして,授業の過程や成果を確認していたことである。大したものである。

|

« ダルハン県の第一学校で授業研究会を実施 | Main | 情報通信技術を活用した教育振興事業「情報教育推進校(IE-School)」調査研究 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ダルハン県の第一学校で授業研究会を実施 | Main | 情報通信技術を活用した教育振興事業「情報教育推進校(IE-School)」調査研究 »