« アクティブ・ラーニングとNHK for Schoolやタブレット端末の活用 | Main | 「教育工学的な視点に基づく教師教育プログラムの開発-ハンドブックを主教材として-」のミーティング »

2016.11.12

武庫川女子大学学校教育センターの研究会で講演

 本日午後,武庫川女子大学の学校教育センターの研究会に招かれて,小講演を担当させていただいた。そのタイトルは,「これからの教員研修について-校内研修を中心に-」である。主な内容は,1)日本の教師たちの学びの多様性,2)校内研修の企画・運営とそのためのツールの開発,3)校内研修の持続的な発展とそれに資するコンサルテーションの展開であった。自身の研究の履歴を披露したようなものである。1時間強の話題提供の後,1時間弱の質疑応答という構成であった。研究会開始前は,1時間も質疑応答は続かないだろうから,研究会を早めに終わってもいいだろうという話であったが,質疑応答は1時間を越えた。知り合いも含めてたくさんの方と研究的コミュニケーションを繰り広げられて,私にとって実りある機会となった。

|

« アクティブ・ラーニングとNHK for Schoolやタブレット端末の活用 | Main | 「教育工学的な視点に基づく教師教育プログラムの開発-ハンドブックを主教材として-」のミーティング »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« アクティブ・ラーニングとNHK for Schoolやタブレット端末の活用 | Main | 「教育工学的な視点に基づく教師教育プログラムの開発-ハンドブックを主教材として-」のミーティング »