« 「教育工学的な視点に基づく教師教育プログラムの開発-ハンドブックを主教材として-」のミーティング | Main | 校内研修の好サイクル(尼崎市立塚口小学校) »

2016.11.14

同僚間で密に意見を交換してアクティブ・ラーニングの実践を推進

P1040521P1040550 鳥取県八頭町立八頭中学校では,今年度,「心が働く学びあいの創造~基礎・基本の定着と探求的な学びを目指して~」という研究主題が設定され,授業研究等によって教師たちが研鑽を積んでいる。7月に続いて,本日も授業研究会が企画・運営された。英語と技術の研究授業が並行して実施され,それぞれの授業を題材とする協議をおこなわれた。また,それを活かして,各教員が自身の授業改善の方途を考えるタイムが設定された。この中学校の校内研修は,同僚間で密に意見を交換してアクティブ・ラーニングの実践を推進している,校内研修の好事例である。

|

« 「教育工学的な視点に基づく教師教育プログラムの開発-ハンドブックを主教材として-」のミーティング | Main | 校内研修の好サイクル(尼崎市立塚口小学校) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 「教育工学的な視点に基づく教師教育プログラムの開発-ハンドブックを主教材として-」のミーティング | Main | 校内研修の好サイクル(尼崎市立塚口小学校) »