« JAETの全国大会の大会企画委員会を開催 | Main | チャレンジングな研究授業がよい議論を引き出す »

2016.11.07

授業改善に継続して取り組む

P10401871P1040197 津山市立佐良山小学校の授業研究会に参加した。同校は,昨年度から,研究主題を「思考力・表現力をのばすための指導法の工夫」と定め,授業改善に教師たちがいそしんでいる。今年度は,研究の重点を「課題の設定・提示の工夫」と「話し合いの工夫」と定めている。
 以前に同校の授業研究会に参加し,その取り組みについてコメントした。同校の研究主任は,教師たちがそれを意識して研究授業をデザインしたり,それについて協議したりするよう,配慮している。例えば,写真のように。
 佐良山小学校の教師たちの授業づくりは,目新しい教科・領域を創設しているわけでもないし,整備されたICT環境を追い風にしているわけでもない。しかし,その取り組みは,着実にアクティブ・ラーニングの授業化に迫っている。それは校内研修の基本的なアプローチであると,私は考える。

|

« JAETの全国大会の大会企画委員会を開催 | Main | チャレンジングな研究授業がよい議論を引き出す »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« JAETの全国大会の大会企画委員会を開催 | Main | チャレンジングな研究授業がよい議論を引き出す »