« 教育委員会と学校との連携による情報教育の進展(草津市教育委員会) | Main | 日韓国際学術特別講演会で韓国の教職大学院について学ぶ »

2016.11.26

研修講座を前年度に受講した研究主任の取り組みを学びに行く(三重県教育委員会の授業研究担当者育成研修)

P1050165P1050166 三重県教育委員会は6年前から,年間5回におよぶ連続研修講座である,「授業研究担当者育成」研修を企画運営している。25日に,本年度の第3回目の研修講座が実施された。この研修講座には,県内の17校で校内研修を企画・運営しているミドルリーダーたちが参加しているが,この日,彼らは,昨年度の研修講座を受講した教員が企画・運営している校内研修のフィールドワークに出かけた。すなわち,当該学校の授業研究会に参加し,「先輩」にあたる研究主任が授業研究会の活性化のために取り組んでいるアクションに学んだ。教育委員会担当者によると,今年度の受講者たちは,等身大のモデルにふれて,「自校での実践につなげたい」という声をあげていたようだ。こうした成果は,年度をまたいで研修講座を連結させるという,教育委員会の研修企画・運営担当者たちの工夫にも依るところ大である。

|

« 教育委員会と学校との連携による情報教育の進展(草津市教育委員会) | Main | 日韓国際学術特別講演会で韓国の教職大学院について学ぶ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 教育委員会と学校との連携による情報教育の進展(草津市教育委員会) | Main | 日韓国際学術特別講演会で韓国の教職大学院について学ぶ »