« 深い学びの実現 | Main | 出かけなくてよい休日 »

2016.11.22

教師たちの学びの継承--そして自分は--

 奈良県のある中学校の校内研修に協力した。この学校には,30年以上前に,大学生として訪問したことがある。当時,師の水越敏行先生が同校の実践研究の助言をなさっていたからだ。それに帯同して,学んでいた(学部生だったので,研究的にではなかったが)。師が研究推進のアドバイザーであった学校の取り組みに自身がたずさわるというケースはこれまでなかったので,私としては,なんだか不思議な感じがした。
 学校の研究テーマはコンピュータ教育の推進からアクティブ・ラーニング等に変化した。しかし学校の教師たちは,よい授業を創造しようとチャレンジしていた。それは変わらない。30数年前に同校に勤務していたが教員はあの学校には誰一人としていないであろう。しかし,その学びは,世代を越えて継承されている。
 一方,私は,悲しいかな,水越先生の研究や教育に関する哲学,それらに求められる知識やスキル,それをプロジェクトやコンサルテーションとして展開する力量等を継承できていない--。もう少し精進しなければなるまい。

|

« 深い学びの実現 | Main | 出かけなくてよい休日 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 深い学びの実現 | Main | 出かけなくてよい休日 »