« 日本教師教育学会公開シンポジウム | Main | キャリア教育の研究発表会(京都市立梅小路小学校,12月9日) »

2016.12.05

ジグソー法によるアクティブ・ラーニングとカリキュラム・マネジメント

P10505191P1050539 またまた尼崎市立立花西小学校を訪ねた。同校の教師たちは,今年度も,「学び合い,ひびき合う子ども~書く力を生かして伝え合う授業をめざして~」という研究テーマを設定して,国語科の授業づくりを工夫している。本日の研究授業では,6年生の4人に教師たちが,「探偵の思考~クリティカルシンキングへの道~」と題する単元を開発して,ジグソー法による学び合いを子どもたちに促していた。3クラスの100名ほどの子どもは,3つのアプローチ(解釈的,多角的,判定的)のうち,1つを選んで教材文を批判的に解釈し,その経験を交流していた。そのプロセスは,同校の研究の枠組みには用いられていないが,アクティブ・ラーニングとカリキュラム・マネジメントを体現していた

|

« 日本教師教育学会公開シンポジウム | Main | キャリア教育の研究発表会(京都市立梅小路小学校,12月9日) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 日本教師教育学会公開シンポジウム | Main | キャリア教育の研究発表会(京都市立梅小路小学校,12月9日) »