« 今年も残り少なくなって | Main | 例年どおりの大晦日の夜 »

2016.12.30

久しぶりに,卒論指導がない

 昨夜から,修士論文や教職大学院の実践課題研究成果報告書の点検が始まった。しかし,昨年4月に教職大学院の専任教員として配置換えとなったため,今年度(以降?)は,学部生の卒業論文の指導は担当しない(と思う)。私が論文等を点検するのはいずれも現職教員(看護専門学校も含めて)。学部生の卒論指導がないのは,大阪市立大学から大阪教育大学に異動した年度である,平成19年度以来である(もちろん,その年だけだが)。なんとなく,リズムがくるう感じだが,その代わりに,教職大学院の院生の報告書の点検があるわけだから,もちろん,のんびりとはしていられない。

|

« 今年も残り少なくなって | Main | 例年どおりの大晦日の夜 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 今年も残り少なくなって | Main | 例年どおりの大晦日の夜 »