« 授業改善の小さな努力を重ねて(鳥取県八頭町立八頭中学校) | Main | 授業づくりのちょっとした工夫を重ねて(上富田町立上富田中学校) »

2017.01.31

研究発表会が終わっても授業づくりを工夫する

P10603161P1060319 丹波市立和田小学校が授業研究会を催した。丹波市教育委員会の「新たな学びの形態」に関する研究指定に基づき,同校の教師たちは,昨年度と今年度,「学び合いを大切にした効果的なICTの活用~『わだっ子 学びの姿』を活かした授業づくり~」という研究主題を掲げ,実践研究に取り組んできた。そして,平成28年10月27日に研究発表会を催した。参加者はそう多くはなかったが,しかし,公開された授業や研究報告の内容について,同校の教師たちと参加者は密な議論を繰り広げた。
 それから3ヶ月経ったが,同校の教師たちの授業づくりの工夫はさらに発展していた。例えば,第4学年の教師は,国語科と社会科をクロスさせた単元構成を採用して,カリキュラム・マネジメントの好事例を創出していた。また,その一部には,ジクソー方を導入して,子どもたちの学習参加や思考力・表現力を高めていた。
 研究発表会が終わっても授業づくりを工夫する和田小学校の教師たちの学びは,さらに続いていくだろう。

|

« 授業改善の小さな努力を重ねて(鳥取県八頭町立八頭中学校) | Main | 授業づくりのちょっとした工夫を重ねて(上富田町立上富田中学校) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 授業改善の小さな努力を重ねて(鳥取県八頭町立八頭中学校) | Main | 授業づくりのちょっとした工夫を重ねて(上富田町立上富田中学校) »