« 夢のあるカリキュラムを構想する | Main | 今年度の点検・評価から,次年度の計画策定へ(平成28年度 高知市教育研究所 第2回研究主任研修会) »

2017.01.26

指導の一貫性を高め,学習規律の定着を図る小学校の研究発表会(堺市立西陶器小学校)

P10601001P1060112 本日は堺市立西陶器小学校の研究発表会の日であった。同校の教師たちは,昨年度に続き本年度も,堺市教育委員会より「総合的な学力向上研究」の委嘱を受け,研究テーマを「めあてをもち主体的に取り組む児童の育成を目指して」と定めて,授業改善にいそしんできた。本日は,その中間成果を公開し,参加者から批評を得るための機会であった。同校の教師たちは,「西陶器スタンダード」を定めて指導の一貫性を高め,学習規律の定着を図ってきた。私は,3年生の2つの授業を見学したが,教師たちは,子どもたちにていねいに接して,すなわちきめ細かな指導を繰り広げて,スタンダードの運用に努めていた。

|

« 夢のあるカリキュラムを構想する | Main | 今年度の点検・評価から,次年度の計画策定へ(平成28年度 高知市教育研究所 第2回研究主任研修会) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 夢のあるカリキュラムを構想する | Main | 今年度の点検・評価から,次年度の計画策定へ(平成28年度 高知市教育研究所 第2回研究主任研修会) »