« 三重県教育委員会の平成28年度授業研究担当者育成研修実践交流会 | Main | 修士論文の公開審査を終えて »

2017.02.07

主査のリーダーシップで会議が建設的に進んだ

 今年度,文部科学省「情報通信技術を活用した教育振興事業『教育の情報化の推進に関する調査研究」の企画検証委員会委員を拝命している。主査は,東北大学大学院の堀田教授である。本日,その会議が催された。会議時間は2時間しかないのに,たくさんのことを議論しなければならないという厳しい条件であったにもかかわらず,極めて建設的な議論が繰り広げられた。要するに,事務局や作業部会の原案に対する委員等の意見を適切にピックアップし,原案をよりよいものにしつつ,決めるべきことは決め,そして次なる課題とすべきことは留保した。主査のリーダーシップによって会議が建設的に進んだ。私は,数分しかコメントしていないが,それでも会議にちゃんと貢献したような気持ちで(たぶん,それほどしていないだろうが,少なくともそういう気分になって)帰阪できた。

|

« 三重県教育委員会の平成28年度授業研究担当者育成研修実践交流会 | Main | 修士論文の公開審査を終えて »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 三重県教育委員会の平成28年度授業研究担当者育成研修実践交流会 | Main | 修士論文の公開審査を終えて »