« 手だての共有財産化に向けて,授業研究を連続・発展させる(尼崎市立立花西小学校) | Main | FD活動に熱心に取り組む教職大学院 »

2017.02.15

行政研修における学びを校内研修の企画・運営に活かす(亀山市立神辺小学校)

P1060758P1060827 亀山市立神辺小学校の教師たちが,今日もまた授業研究会に取り組んだ(本年度の第26回目の全体研修会)。本年度は,研究主題を「わかった できた 楽しいな~ねらいに迫る学び合いの創造」と定めているが,それは,前年度の反省を踏まえて,「学び合い」に焦点化したものである。本日は,第1学年の算数の授業が公開され,そのデザインや様子について,教師たちは熱心に議論を展開していた。
 本日の授業研究の協議の司会役を果たしていたのは,同校の研究主任である。彼は,昨年度,三重県教育委員会が企画・運営した授業研究担当者に対する連続研修講座で,校内研修の企画・運営に関して,1年間学び続けた。その成果は,本日の進行の巧みさ,論点の整理,議論の結果を個々の教員が自らの営みに適用する構想タイムの設定などに表れていた。行政研修における学びを校内研修の企画・運営に活かした好例である。

|

« 手だての共有財産化に向けて,授業研究を連続・発展させる(尼崎市立立花西小学校) | Main | FD活動に熱心に取り組む教職大学院 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 手だての共有財産化に向けて,授業研究を連続・発展させる(尼崎市立立花西小学校) | Main | FD活動に熱心に取り組む教職大学院 »