« 尼崎市立塚口小学校の教師たちの校内研修の振り返り | Main | 校内研修の進め方も、チャレンジング(京都市立梅小路小学校) »

2017.03.04

日本教育工学会の研究会(JSET17-1)で発表

 本日,日本教育工学会の研究会(JSET17-1)が信州大学教育学部で開催された。私も,「学校研究の発展のために教育委員会指導主事が果たす役割のルーブリックの改善」というタイトルの発表者の一人として,研究会に参加し,口頭報告を行った。これは,大阪市立大学の島田先生を代表者とする科研費の研究プロジェクトの成果をオープンにするものだ。教育委員会指導主事が学校の実践研究に対してどのような支援を繰り広げるべきかを構想したり,俯瞰したり,仲間と共通理解したりすることに資するルーブリックの作成と改善,そして今後の活用可能性について述べた。

|

« 尼崎市立塚口小学校の教師たちの校内研修の振り返り | Main | 校内研修の進め方も、チャレンジング(京都市立梅小路小学校) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 尼崎市立塚口小学校の教師たちの校内研修の振り返り | Main | 校内研修の進め方も、チャレンジング(京都市立梅小路小学校) »