« 教職大学院のカリキュラム改革プロジェクト | Main | 大脇康弘教授の最終講義 »

2017.03.10

今年度最後の研究授業であると同時に,次年度の最初の研究授業にもなる--

P1070349P10703581 京都市立梅小路小学校は,キャリア教育(京都市では,生き方探究教育)に関する実践研究を重ねている学校である。
 本日,この学校の研究主任が研究授業を公開した。次年度は,キャリア教育とアクティブ・ラーニングを交差させることを研究の重点に設定しようとしているので,そのコンセプトを研究授業に具体化し,その可能性と課題を確認しようとしたのだ。それは,今年度最後の研究授業であると同時に,次年度の最初の研究授業としての性格も有するものであった。そうしたアクションは,この学校の研究力を物語っている。
 そうした教師たちの学びは,日々の授業の充実に再帰している。研究授業に先だって,多くの教室を訪ねたが,そこでは,主体的・対話的で深い学びが繰り広げられていた。子どもたちは,体験的な学びに没頭し,その成果をノートやワークシートに記し,また交わしていた。

|

« 教職大学院のカリキュラム改革プロジェクト | Main | 大脇康弘教授の最終講義 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 教職大学院のカリキュラム改革プロジェクト | Main | 大脇康弘教授の最終講義 »