« 高等学校の組織的成長 | Main | 教職大学院の実習指導でまたまた寝屋川市へ »

2017.05.24

新教科「未来そうぞう」を核とするカリキュラムの開発(大阪教育大学附属平野小学校)

S_p1070664S_p1070679 大阪教育大学附属平野小学校は,今年度から4年間,文部科学省指定の研究開発学校として,新教科「未来そうぞう」を核とする教育課程を計画し,実施し,評価する。この教科は,キャリアとESDを自分自身,集団や社会,社会と環境を内容構成の柱とする,また,それを通じて主体的実践力,協働的実践力,創造的実践力を育む,6年間のカリキュラムとして構想されている。
 本日,この新教科の授業が公開され,それについての協議会が催された。研究授業に様々な工夫があったので,資質・能力,学びの必然性,ゲストティーチャーの可能性,カキュラム評価等々について,学校のスタッフと研究開発学校運営指導委員の間で,多面的な議論が繰り広げられた。

|

« 高等学校の組織的成長 | Main | 教職大学院の実習指導でまたまた寝屋川市へ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 高等学校の組織的成長 | Main | 教職大学院の実習指導でまたまた寝屋川市へ »