« 川崎市立川崎高等学校附属中学校の授業研究会 | Main | 教職大学院の講義「教育課程編成の今日的課題」で思考力等の育成について考える »

2017.06.20

大阪市立滝川小学校の主体的・対話的で深い学び

S_p1080379 大阪市立滝川小学校は,平成29年度大阪市教育委員会「学校教育ICT活用事業」モデル校である。同校の教師たちは,「楽しく学び,意欲的に伝え合う子どもを育てる~協働学習でコミュニケーション能力を育てる~」という研究主題にICT活用で迫ろうとしている。
 同校は,本日,本年度第1回目のICT活用公開授業を催した。2年生と5年生の音楽,3年生の理科,そして6年生の学級活動の授業が公開された。いずれの授業も,ICTが「主体的・対話的で深い学び」の成立と充実に役立っていた。そして,深い学びのためのカリキュラム・マネジメントが試みられていた。例えば,第2学年の音楽では,子どもたちは,国語科の「まよい犬をさがせ」のストーリーを踏まえて,悲しい(不安な)心情,嬉しい(楽しい)心情を表す旋律をタブレット端末で構想し,それを鍵盤ハーモニカで演奏していた。
 同校の教師たちの研究意欲は,参加者の学ぶ熱意を引き出していた。全体会における実践報告やミニ講演に接する参加者の表情が極めて真剣で,当事者意識に満ちていた。

|

« 川崎市立川崎高等学校附属中学校の授業研究会 | Main | 教職大学院の講義「教育課程編成の今日的課題」で思考力等の育成について考える »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 川崎市立川崎高等学校附属中学校の授業研究会 | Main | 教職大学院の講義「教育課程編成の今日的課題」で思考力等の育成について考える »