« 「大阪市学校教育ICT活用事業」モデル校として授業公開(大阪市立滝川小学校) | Main | 大阪市立滝川小学校の主体的・対話的で深い学び »

2017.06.19

川崎市立川崎高等学校附属中学校の授業研究会

S_p1080223S_p1080323 川崎市立川崎高等学校附属中学校を再度訪問した。同校は,パナソニック教育財団の第43回実践研究助成の特別研究指定校である。私は,本年度と次年度,同校の研究のアドバイザーを拝命することとなった。子どもたちは,One to one computingの環境を糧として,ICTを学習に自主的に用いている。ノードや辞書代わりに利用する姿は,まるで大学生である。同校の研究課題は,カリキュラム・マネジメントである。そのためのクロス・カリキュラアプローチは,問題解決能力,ICT活用能力。そしてダイバーシティ・コミュニケーション能力である。本日は,問題解決能力の育成に資する公民科の研究授業が公開された。その特長をおさえつつ。私は,「主体的・対話的で深い学び」と「カリキュラム・マネジメント」の基本的な考え方を解説した。

|

« 「大阪市学校教育ICT活用事業」モデル校として授業公開(大阪市立滝川小学校) | Main | 大阪市立滝川小学校の主体的・対話的で深い学び »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 「大阪市学校教育ICT活用事業」モデル校として授業公開(大阪市立滝川小学校) | Main | 大阪市立滝川小学校の主体的・対話的で深い学び »