« 日本カリキュラム学会第28回大会(岡山大会)に参加 | Main | 校内研修を持続的に発展させている小学校(岡山市立伊島小学校) »

2017.06.25

「学び続ける校長像」を求めて

 本日も日本カリキュラム学会第28回大会に参加した。「学校を基盤としたカリキュラム開発に資する学校長の役割と学びについての理論的検討」というタイトルで口頭発表した(大阪市立大学の島田先生と共同発表)。それに対して,学校長は「学ぶ」ことよりも「(教諭等に)学ばせる」ことを重視すべきではないかという意見が示された。両者はそもそも矛盾するものでない。そして,学校を基盤としたカリキュラム開発の初年次等の段階では,学校長には自らが学ぶ姿勢が強く求められるという,我々の研究知見の独自性やその前提等を説明した。
 我々の研究は,カリキュラム開発,教師教育,スクールリーダーシップの交差点に接近するものだ。教師教育の見地からすれば,「学び続ける校長像」は当然視したいところである。

|

« 日本カリキュラム学会第28回大会(岡山大会)に参加 | Main | 校内研修を持続的に発展させている小学校(岡山市立伊島小学校) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 日本カリキュラム学会第28回大会(岡山大会)に参加 | Main | 校内研修を持続的に発展させている小学校(岡山市立伊島小学校) »