« ICT活用のチャレンジを連続・発展(大阪市立平野西小学校) | Main | 高等学校で生徒に教育学について語る »

2017.06.28

今日は,研究授業を実施(来週もまた--)

 今日は,我が教職大学院のFD活動の一環として,私たちが研究授業を実施した。シラバスに加えて,いわゆる指導案を作成し,研究授業を同僚に公開したのである。それは,私と実務家教員のティームティーチングで実施している「教育課程編成の今日的課題」の第11回目「生きる力を育むための教育課程の編成」に関するものだ。教科指導における探究場面,総合的な学習の時間における探究のサイクル,その学校としての全体計画や異校種連携,さらには特別活動(学校行事)の工夫,高等学校の総合学科や課題研究等々について事例を交えて解説した。また,総合的な学習について,その意義や可能性,課題を個人作業やグループ協議等を通じて検討してもらった。
 実は次週の講義もまた研究授業となる。当該授業では,本日の授業の内容を活用する学びに大学院生はたずさわる。具体的には,彼らは,本日解説した視点をもとに実習校等の教育課程を分析し,改善可能性を考える。それも同僚に見学してもらい,2時間セットで,私たちの授業がカリキュラム・ポリシーにも掲げられている「主体的・対話的で深い学び」に迫れていたかどうかについて,意見交換をする予定である。

|

« ICT活用のチャレンジを連続・発展(大阪市立平野西小学校) | Main | 高等学校で生徒に教育学について語る »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ICT活用のチャレンジを連続・発展(大阪市立平野西小学校) | Main | 高等学校で生徒に教育学について語る »