« ちょっと疲れた-- | Main | 卒論ゼミOBたちが教師として自身の仕事に誠実に向き合っている »

2017.08.19

教職大学院の実践研究フォーラム2017

S_p1160200S_p1160223 本日は,我が大阪教育大学大学院連合教職実践研究科では,修了生たちにキャンパスに戻って,在学生と研究交流を繰り広げてもらう「実践研究フォーラム2017」を催した。課題提起,ラウンドテーブル,講評からなる構成だ。ラウンドテーブルでは,6人程度のグループを構成し,修了生たちが,在学中に取り組んだ実践課題研究の内容,それをどのように継続・発展させているかをじっくりと語ってくれた。各修了生たちは,自身が置かれた立場で,できることに従事していた。たとえそれが在学中の研究内容の一部であっても,続けることに大きな意味がある。実践研究の継続・発展の意義を再確認した実践研究フォーラムであった。
 専攻主任として最後の講評を担当したが,今日は8月19日で「俳句の日」らしく,研究科主任から講評に俳句を盛り込むようにリクエストされた。このフォーラムで修了生たちがさらに実践研究を発展させるアイデアや気持ちを得たことを踏まえて,即興で「フォーラムで輝きを増す朝顔かな」と一句作ってみた。専攻主任も楽じゃない。

|

« ちょっと疲れた-- | Main | 卒論ゼミOBたちが教師として自身の仕事に誠実に向き合っている »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ちょっと疲れた-- | Main | 卒論ゼミOBたちが教師として自身の仕事に誠実に向き合っている »