« 教師教育のアプローチについてに講ずる | Main | お盆前も教員免許状更新講習の担当 »

2017.08.10

教師教育に関するリサーチプロポーザルを作成してもらう

S_p1160136S_p1160187 東京大学大学院教育学研究科学校教育高度化専攻の科目「授業研究と教師の成長」の4日目。本日は,受講生に,教師教育のに関する実証研究のリサーチプロポーザルを作成し,発表・相互批評してもらった。私も,その特長と課題を指摘した。その評価規準は以下のとおりであった。受講生たちは,これを指標にして,限られた時間の中でよいプランを策定してくれた。
(1)タイトル等
①講義内容(とりわけ「教師像」と「教師教育のアプローチ」)を踏まえている。
(2)問題の所在と研究の目的
 ①研究の必然性が,社会的な状況や時代背景の分析,先行研究等の引用やその批判的検討により,明らかにされている(テキストの内容を引用すること)。
 ②問題の所在を踏まえつつ,1年間で追究できる研究目的が導き出されている(研究目的が焦点化されている)。
(3)研究の方法
 ①対象等が具体的である。
 ②実行可能性が高い。
 ③研究上の倫理に反していない。
(4)分析の枠組みと結果の予想
①データ等の整理枠組み(時系列,比較,各種統計処理など)が用意されている。
②ある程度,結論が予想されている。
(5)その他

|

« 教師教育のアプローチについてに講ずる | Main | お盆前も教員免許状更新講習の担当 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 教師教育のアプローチについてに講ずる | Main | お盆前も教員免許状更新講習の担当 »