« 今日から,東京大学大学院教育学研究科学校教育高度化専攻の「授業研究と教師の成長」を担当 | Main | 教師教育のアプローチについてに講ずる »

2017.08.08

教師の実践的知識・思考等に関して博士論文をもとに講ずる

S_p1160110S_p1160120 本日は,東京大学大学院教育学研究科学校教育高度化専攻の科目「授業研究と教師の成長」の2日目であった。本日の内容は,教師の実践的知識・思考に関する比較分析,「若手教師」の授業力量の形成課題と課題克服へのアプローチの考察,「中堅教師」「ベテラン教師の授業力量の形成課題と課題克服へのアプローチの検討である。この内容は,私の博士論文の内容の柱の1つでもある。それそれの研究課題の今日的展開も踏まえつつ,それらを講じた。受講者の反応を受けて,さらに内容を絞って議論するようにしてもらったが,受講生は,教師の力量とその形成について,多面的・多元的に検討してくれていた。明日は,授業研究の方法論について吟味する。

|

« 今日から,東京大学大学院教育学研究科学校教育高度化専攻の「授業研究と教師の成長」を担当 | Main | 教師教育のアプローチについてに講ずる »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 今日から,東京大学大学院教育学研究科学校教育高度化専攻の「授業研究と教師の成長」を担当 | Main | 教師教育のアプローチについてに講ずる »