« 川崎市立川崎高等学校附属中学校の研究発表会(12月11日) | Main | 久しぶりに附属平野小学校へ »

2017.09.28

担当する教科を超えて授業づくりに関して語り合う(津山市立北陵中学校)

S_p1090836S_p1090841 津山市立北陵中学校は,今年度も,「主体的に学び,高め合う生徒の育成」という研修主題の下,9つの部会を構成して,授業改善の努力を重ねている。全教諭が部会のテーマに即して研究授業を公開し,その特長や課題について密な議論を繰り広げている。授業研究会では,部会メンバーが,研究授業を実施した教師に代わって,他の部会メンバーに,当事者意識をもって,そのの特徴やさらなる可能性について語っている。
 北陵中学校は,こうした授業研究を主柱とする校内研修をもう10年近く続けている。学校長は私が関わり始めてから4人目となった。けれども,教師たちは,その学びを持続的に発展させている。すごいことである。

|

« 川崎市立川崎高等学校附属中学校の研究発表会(12月11日) | Main | 久しぶりに附属平野小学校へ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 川崎市立川崎高等学校附属中学校の研究発表会(12月11日) | Main | 久しぶりに附属平野小学校へ »