« 主体的・対話的で深い学びの好事例(大阪教育大学附属平野小学校にて) | Main | 教育実践コーディネートコースのプチ・リフレクションミーティング »

2017.10.26

実践研究を持続的に発展させる学校(大阪市立滝川小学校)

 大阪市立滝川小学校は,10月25日(水)午後に,本年度第2回目のICT活用公開授業を催した。それは,平成29年度大阪市教育委員会「学校教育ICT活用事業」モデル校の活動の一環である。当日,3つの授業の公開とそれに関する協議会に加えて,ICT活用に関するワークショップが実施された。参加者に滝川小学校の取り組みの報告から自校のICT活用の発展に役立つアイディアをピックアップしてもらった。そして,それを参加者間で共有してもらった。参加者の学びを促す,よいワークショップとなった。
 それは,滝川小学校の取り組みの蓄積がよいコンテンツとなったからである。参加者の一人は,「滝川小学校のように,やはり続けることが大切ですね」と語ってくれた。

|

« 主体的・対話的で深い学びの好事例(大阪教育大学附属平野小学校にて) | Main | 教育実践コーディネートコースのプチ・リフレクションミーティング »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 主体的・対話的で深い学びの好事例(大阪教育大学附属平野小学校にて) | Main | 教育実践コーディネートコースのプチ・リフレクションミーティング »