« 校内研修の持続的な発展に向けて(葛城市立新庄中学校) | Main | 授業研究会が教師たちの主体的・対話的で深い学びとなっている(亀山市立神辺小学校) »

2017.11.09

「校内研修のコンサルテーション」で大阪府教育センターのスタッフに語ってもらう

 本日,我が教職大学院の教育実践コーディネートコースのコース必修科目「校内研修のコンサルテーション」において,大阪府教育センターのスタッフに,校内研修のコンサルテーションについて語ってもらった(一緒に授業を担当している実務家教員の方が仲介してくださった)。それは,同センターが有する,「パッケージ研修支援Ⅱ」に関するものだ。授業づくりに関する課題把握,授業改善計画書の作成,授業研究1(指導案作成,研究授業の実施等),授業研究2,そして振り返りという,校内研修のサイクル全体を指導主事が支援する構成となっている。その詳細について情報をご提供いただき,現職教員である大学院生たちは,教育委員会指導主事のコンサルテーションに関して具体的に学べた。大阪府教育センターの方々,ご協力ありがとうございました。

|

« 校内研修の持続的な発展に向けて(葛城市立新庄中学校) | Main | 授業研究会が教師たちの主体的・対話的で深い学びとなっている(亀山市立神辺小学校) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 校内研修の持続的な発展に向けて(葛城市立新庄中学校) | Main | 授業研究会が教師たちの主体的・対話的で深い学びとなっている(亀山市立神辺小学校) »