« 「校内研修のコンサルテーション」で大阪府教育センターのスタッフに語ってもらう | Main | 他大学訪問のはしご »

2017.11.10

授業研究会が教師たちの主体的・対話的で深い学びとなっている(亀山市立神辺小学校)

S_p1110033S_p1110038 亀山市立神辺小学校の教師たちが,今日もまた授業研究会に取り組んだ(本年度の第28回目の全体研修会)。本年度は,研究主題を「わかった できた 楽しいな~思考を深める学び合いを通して」と定めている。
 本日の授業研究の協議の司会役を果たしていたのは,同校の研究主任であるが,研究授業の後の協議会をとてもていねいにデザインしていた。例えば,写真は,グループ協議の報告の様子である。各グループは,3プラス1という合い言葉の下,研究授業の特長と課題をバランスよく導出していた。全体協議ではグループ協議の報告を集約する,授業研究会の最後に各自が授業改善のアクションを具体的に考察するタイムを設ける等々,授業研究会が教師たちの主体的・対話的で深い学びとなるよう,そのデザインが工夫されていた。

|

« 「校内研修のコンサルテーション」で大阪府教育センターのスタッフに語ってもらう | Main | 他大学訪問のはしご »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 「校内研修のコンサルテーション」で大阪府教育センターのスタッフに語ってもらう | Main | 他大学訪問のはしご »