« 教職大学院の歴史や現状を学ぶ | Main | 大阪府立高等学校教育課程委員会で講演 »

2017.12.11

One to one computingの環境を糧として(川崎市立川崎高等学校附属中学校)

S_p1110799S_p1110823 川崎市立川崎高等学校附属中学校は,パナソニック教育財団の第43回実践研究助成の特別研究指定校である。子どもたちは,One to one computingの環境を糧として,ICTを学習に自主的に用いている。授業中に,(教員の指示がなくても)必要に応じて,タブレット端末を活用している。同校は,問題解決能力,ICT活用能力,そしてダイバーシティ・コミュニケーション能力の育成を教科横断的な視点に据えて,カリキュラム・マネジメントを展開している。
 本日は,その中間成果を公開する,研究発表会が催された。研究報告の後,4つの授業が公開された。また,それに関する協議会が実施された。協議の中で,教師の提示型から学習者の協働型へとICT活用のスタイルが移行したこと,それを子どものICT操作スキルの向上等が促したこと,総合的な学習を主柱とするカリキュラムが充実していることなどの同校の実践研究の充実が共通理解された。また,ICT活用のさらなるレパートリーの開拓や合科的な指導の追究等の方向性が提案された。

|

« 教職大学院の歴史や現状を学ぶ | Main | 大阪府立高等学校教育課程委員会で講演 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 教職大学院の歴史や現状を学ぶ | Main | 大阪府立高等学校教育課程委員会で講演 »