« 当事者意識を持って授業研究会に臨む(尼崎市立立花西小学校) | Main | 生徒が授業研究文化を担う(鳥取市立中ノ郷中学校) »

2017.12.07

尼崎市小学校教育研究会図書館教育部会の授業研究会

 7日午後,尼崎市小学校教育研究会図書館教育部会の授業研究会が市立竹谷小学校で実施された。尼崎市内の小学校の図書担当者が集い,6年生の読書指導に関する授業を見学し,それに関する意見を交換した。
 当該研究授業は,教科書の題材文「森へ」を読解した後,「(あなたの)悩みに答える本」の推薦文を作成するという単元構成の推薦文の推敲に関するものであった。子どもたちは,人間関係,学習,健康等々の悩みに応ずるための著作を選び,その特長を表す文章を練って,自身の読書生活を豊かにしようとしていた。
 部会のリーダーたちが,研究授業の指導案検討や参加型の協議の準備をていねいに進めていた。それによって,図書館教育に関する,学校をまたいだ学び合いが実現していた。

|

« 当事者意識を持って授業研究会に臨む(尼崎市立立花西小学校) | Main | 生徒が授業研究文化を担う(鳥取市立中ノ郷中学校) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 当事者意識を持って授業研究会に臨む(尼崎市立立花西小学校) | Main | 生徒が授業研究文化を担う(鳥取市立中ノ郷中学校) »